友だち追加数

 ↑   ↑   ↑

LINEから予約の問い合わせや相談ができます。

治療効果が高い微弱電流治療で早期回復。
治療を受けた方のご感想はこちらからどうぞ。
次のページで住所を入力していただくとおおよその通院時間がわかります。
各メディアで当院が紹介されました。

https://if0201.com/p/r/IcJF8o3J

↑↑メルマガ配信中!!

日々のお役立ち情報なども

更新しています。

 こんにちは、ひなた接骨院・開設者の岡野裕司です。

 

ここでは私が接骨院を開院するまでの経緯や、

この仕事に対する想いを書かせていただきます。

 

私は小さい頃からカラダを動かすのが好きでした。

しかし、あることがきっかけでスポーツに苦手意識が生まれました。

それは小学校6年の時ソフトボールの練習でのヒザの

ケガをきっかけに色々な部分に痛みを感じるようになったからです。

中学・高校では野球をやっていましたが、強い腰の痛みで

走れなかったり、肘の痛みで投げれなかったり…

 

治療院で痛みをとってもらい練習に出て、また痛みが出る。

といった状態をずっと繰り返していました。

 

『声の大きさだけは4番』

と言われ、3塁のランナーコーチで腕をグルグル回し、

ピンチになればマウンドに伝令として走り、

9回2アウトで代打で出場し1塁にヘッドスライディング。

という野球人生でした。

 

誰よりも最後のバッターを経験した回数が多いのではないかと

自負しておりますが、これらはつらい思い出ではなく、

努力をすればチームのためになり、またチャンスもつかみ取ることが

できるという貴重な経験ができたと今では自信になっています。

 

この中学・高校の経験がもとで、私は痛みがあるスポーツ選手や

腰に痛みを抱える方々の力になりたいと思い、

この世界に飛び込みました。

 

 

あなたはこんな経験はありませんか?

スポーツをしていて、あるいは体育の時間に、

 

なんで同じことをしているのに、自分は上手くできないんだろうか?

指導者の言っていることが頭ではわかるけど、上手くできない。

 

私はスポーツをやっている間、常にこの疑問が頭の中にありました。

 

例えば、投げる時に肘が痛いということ。

上の写真の左のように『肘が下がるのはダメ』、

右のように『肘を高くすれば痛くない』と教えられてきました。

 

しかし、どうしたら肘を高くできるのかがわかりませんでしたし、

自分では高く上げているつもりでした。

 

このように、指導者は正しいことを教えているけど、それができない人が多い

と私は思うのです。

同じことを同じぐらい努力していても、出来る人と出来ない人がいるのは

どうしてでしょうか?

 

それはカラダを上手く動かすための準備が出来ているかどうか?

にかかっていると思うのです。

 

今までの人生の中でカラダの正しい動かし方を習ったことが

あなたはありますか?

 

おそらくないと思います。

学校でも教えてもらうことがなかったですよね。

 

自然に出来ている人はスポーツをしても簡単にできる、

それが出来ていない人は上手くできない上にケガをしやすい。

 

それをセンスがあるとかないとか周りが判断してしまうのではないかと

私は考えています。

 

これはすごく大事なことで、10代では運動神経が良い悪いとかで

済ませてしまうんですが、

 

仕事を始めたり、歳を重ねるごとにカラダの痛み、調子が悪いという

話になってしまいます。

 

これは本当に大事なことで、カラダの使い方が上手な方は、

痛みも出にくく、疲れも感じにくいため、バリバリ元気に仕事が出来る!

ことになりますし、

 

カラダの使い方が上手くない方には、

痛いわ、カラダはつかれるわ、で仕事のやる気、生活のやる気まで

奪われてしまうことになってしまうんですね。

 

私はカラダの使い方がものすごく下手で、

小さい頃から走り方が変だとか、スポーツが下手だとか

よく言われていましたし、ケガも多く、やる気も出ませんでした。

 

ケガのせいもあり、今も足は変形した状態です。 

腰の痛みや腰から足にビリッと走る激痛もありました。

 

しかし、正しいカラダの使い方を理解し、

勉強したことで、どんどんカラダの痛みは減り、

今では痛みを感じることもなくなりました。

 

そこから、大きな気づきを得ることが出来たのです。

 

カラダは上手く動かすことで、痛みが出ない、疲れにくいカラダに変わる!

ということです。

 

だから、日常生活の中で上手くカラダを動かして、

痛みを出ないように変えていくという治療

多くの痛みでお困りの方のお役にたつために生かしたい

と考えたのです。

 平成13年に石川県金沢市の柔道整復師の専門学校に入学しました。

2,600時間の講義を受け、3年後に国家資格を取得しました。

 整形外科にて7年間治療に従事し、その間にも、専門学校の講師や、

接骨院での治療、デイケア・デイサービスでの機能訓練などの依頼も

受け、多くの現場で経験を積ませていただきました。

 0歳児のケガや、100歳の方の歩くための訓練など、延べ10,000人以上の
方々の治療・機能訓練に携わってきました。 

 講師としては臨床実習を中心に約1,000時間の講義を行ってきました。

 

 

 ある時、私が接骨院開院を決意する大きな出来事が2つありました。


ひとつは、私の師匠である先生との出会いでした。

 

それまでは、『治療家は知識と手技で決まる』と考えとにかく勉強し、

『私が治している』という考えでいました。

すごく勉強していたので自分が1番だと勘違いしていました。 

 

しかし、その先生のところで出会った治療はそれを簡単に覆しました。
まずは『物理療法』、すなわち電気などを使った治療なのですが、

私は『電気で治るわけがない。大したことない。』と考えていたのですが、

先生の治療を見て、そして実際に受けみて愕然としました。

それまでの私には信じがたいものでした。

 

それが『微弱電流治療』との出会いでした。

 

それから、私は必死でその治療法を盗みました。

先生も私に包み隠さずご指導くださり、しかも、夜遅くまで勉強会に付き合って

くださいました。

いつも厳しく、本当に怖い先生ですが(私にとって…)、私の質問は丁寧に

答えて下さいますし、また、私の意見もくみ上げてくださる素晴らしい先生で、

今でも家族ぐるみでお世話になっています。

 

独立してからは、従業員として働かせてもらっていた時と同じではなく、

対等な立場として接してくださることがおそれ多くも嬉しく思います。

今では、私の治療の中になくてはならないものが

この微弱電流治療、そして、この治療を活かす先生の教えです。

 

もう一つは、コアコンディショニングとの出会いです。

コアコンディショニングとは、姿勢や動きの要であるコア(体幹)の機能を

発育発達過程にそって再学習していくプログラムです。


姿勢が原因で起こる痛みや動きの中でズキッとくる痛みというのは、

このコアが上手く働いていないことが原因であることがとても多いのです。

そして、姿勢を良くするためには、痛みを根本から治すためには、

『自分で自分のカラダのことを知り、自分で正しく動かす』

ことがもっとも大事だということがわかったのです。

 

現在世の中のスタンダードはマッサージをしてもらう、

ボキッと歪みを治してもらう、

という受け身の治療がほとんどです。

それで簡単に一発で治れば本当に良いことだと思います。

しかし、それだけでは難しいのです。

 

本当に良くなるためには、

『自分で自分のカラダのことを知り、自分で正しく動かす』

ことが必要なのです。

 

私はあなたにそのことを伝え、本当に良くなっていただくために

平成21年9月に『平成23年4月11日に接骨院を開業すること』を決意しました。

 

そして、平成23年4月11日、ひなた接骨院を開院しました。

 

当院では、あなたの痛みをとり、

その先にあるあなたが『したいこと』『なりたい自分』という

目標のために自信を持って治療をさせていただきます。 

 

当院では特に

・ケガをしてお困りの方

・交通事故でお困りの方

・長い間痛みにお悩みの方

・姿勢でお悩みの方

に対してお力になれるよう取り組んでいます。

 


こうして今、私が目指す形になり毎日の治療にあたっています。

 

今、私たちを毎日真剣に治療に向かわせてくれる原動力は

『あなたの笑顔』『家族の笑顔』に他なりません。

 

 

私の治療コンセプトのひとつである

『私の家族にしてあげたい治療をあなたに提供したい』

ということをより強く想うようになりました。

 

毎日、心もカラダも健康で、

ただ過ごすのではなく、

充実して日々を積み重ねていくことができるように、

あなたの『~したい』『~なりたい』という目標を達成できる為の

ナビゲーターをさせていただきたいと思います。

 

長い話に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。