友だち追加数

 ↑   ↑   ↑

LINEから予約の問い合わせや相談ができます。

治療効果が高い微弱電流治療で早期回復。
治療を受けた方のご感想はこちらからどうぞ。
次のページで住所を入力していただくとおおよその通院時間がわかります。
各メディアで当院が紹介されました。

https://if0201.com/p/r/IcJF8o3J

↑↑メルマガ配信中!!

日々のお役立ち情報なども

更新しています。

首(頸椎)の捻挫の初期治療

首の捻挫の治療はケガをしてからの時間によって細かく使い分けが必要です。

理想的には捻挫をして5分以内に治療開始できるのが良いのですが、

交通事故でのむち打ちでは現実的には無理があります。

 

次のタイミングは5時間以内が理想的です。

ここが守られるとかなり治療期間を短縮できます。

この時に必要なのはどういう治療でしょうか?

重要なのは2点。

1.アイシング

 大切なのは氷で冷やすことです。

 この『氷』であることがとっても大切です。

 ⇒氷以外ではアイシング効果を100%発揮することはできないのです。

  例えば、保冷材では凍傷の危険性もありアイシング効果もほとんどありません。

  ご注意くださいね!

 

 ビニール袋に氷を入れて空気を抜き冷やしましょう。

 漏れないように二重にしておくと良いですよ。

 

 これをしておくだけでも、ケガの広がりを抑えることができます。

 

2.マイクロカレント痛み治療

ケガをしたとき直後は、

・安静にしておく

・触ると悪化する

などと言われますが、

この考え方は日進月歩の医療の世界では通用しません。

 

アイシングとマイクロカレント痛み治療を併用して

ケガの直後から効果的な治療をすることができます。

 

マイクロカレントとは?

ケガをした際に『腫れ』が起こると、

ケガしていない周りの部分まで腫れにより細胞が破壊されていきます。

 

だからこそ、安静にしておくだけでは、ケガがひどくなっていくのを

指をくわえてみているようなものなのです。

このケガの腫れが広がる48時間以内に治療を開始すれば

治療期間が短くなります。

初日に痛みが無くても腫れの状態があれば、治療しておくことで

翌日に激しく出る痛みを半減させることができます。

 

ぜひ覚えておいてくださいね。

 

じゃあ、時間がたってしまった場合は良くならないの?

という心配があると思いますので、

次回はそのあたりもお話していきましょう。