友だち追加数

 ↑   ↑   ↑

LINEから予約の問い合わせや相談ができます。

治療効果が高い微弱電流治療で早期回復。
治療を受けた方のご感想はこちらからどうぞ。
次のページで住所を入力していただくとおおよその通院時間がわかります。
各メディアで当院が紹介されました。

https://if0201.com/p/r/IcJF8o3J

↑↑メルマガ配信中!!

日々のお役立ち情報なども

更新しています。

食事で健康なカラダを作っていきましょう

こんにちは

金沢市畝田西ひなた接骨院の金城です(^^)

 

 

人間をはじめ、あらゆる生物は食べることにより

 

命を繋げ、生活しています。

 

日頃食べるもの、飲むものはカラダを作り体内環境を整えています。

 

 

 

日頃の食事が多すぎたり、少なすぎたり、偏ったりすると

 

あらゆる不調、病気の原因になることはみなさんご存じだと思いますが

 

そうは思いながらも日頃から食事を徹底することは難しいですよね、、、

 

 

そこで今回は東洋医学の観点から

 

食事とカラダの不調についてお話しようと思います。

 

東洋医学では、病気や不調に対して

薬のチカラには限界があり

 

日頃の食事によって体質を変化せることが重要だと考えられています。

 

例えば、旬の食べ物を食べることによりカラダが季節に対応し

寒さ、暑さ、湿気、乾燥についていける体質に変化します。

 

夏の野菜はカラダを冷やし、冬の野菜はカラダを温めてくれます。

 

しかし、現代社会においては一年中、季節に関係なく

 

夏に採れるもの、冬に採れるものが手に入りますよね

 

 

 

是非、お買い物でお野菜や果物、お魚などを手にとる際は

その食物の”旬”を頭において選んでみてください!

 

そのほかにも

お酒や脂っこい物の摂りすぎは

カラダの中で

湿(水がよどみ停滞している)を引き起こします。

 

湿はむくみや胃の不快感やむかつき

口内炎や口唇ヘルペス、ニキビなどの炎症を起こしたり

消化不良や肌荒れなどが出ます。

このような症状がある方はお酒、揚げ物を控えましょう。

 

 

湿(水がよどみ停滞している)がカラダの中に溜まっている時は

 

野菜だと白菜、山芋、トマトなど

 

果物だとすいか、メロンなどが湿をカラダの外へ排出してくれます。

 

 

 

ここで注意してほしいのは実際の水分がたまっているわけではなく

東洋医学的に見た”湿”という湿気が悪さをしているという状態です。

 

 

昔の人は東洋医学の考えでカラダの不調を整えてきました。

偏食や体質で現れる症状に対して東洋医学的に考え

日頃の不調と戦ってみてはいかがでしょうか(^-^)

 

 

 

 

私たちは治療において    
   “心” “技” “体”
  この3つの柱を大切にし施術を行います。

 身体の痛みを原因から治療し、
 痛みの再発予防に取り組み、
 心身ともに元氣になっていただきます。

  あなたの人生がより良くなるために、
 痛みや不安を本当の意味でなくすために
 再発予防・疲労回復・アンチエイジングに
 力を入れ全力でサポートしていきます。

  以上を大事なお約束として
 全力で治療にあたらせていただきます。

                      ひなた接骨院
 
 
万が一交通事故にあってしまった場合はこちらから
==================================
ひなた接骨院
〒920-0342
石川県金沢市畝田西3丁目187番地
  TEL:076-225-7705

⇒ひなた接骨院のホームページはこちら

⇒カラダのゆがみをとりキレイになりたい方へ

⇒ひなた接骨院のFacebookはこちら