友だち追加数

 ↑   ↑   ↑

LINEから予約の問い合わせや相談ができます。

治療効果が高い微弱電流治療で早期回復。
治療を受けた方のご感想はこちらからどうぞ。
次のページで住所を入力していただくとおおよその通院時間がわかります。
各メディアで当院が紹介されました。

https://if0201.com/p/r/IcJF8o3J

↑↑メルマガ配信中!!

日々のお役立ち情報なども

更新しています。

陰陽で知る食べ物の性質

こんにちは!石川県金沢市ひなた接骨院の金城です(^O^)

 

 

前回に引き続き

 

 

陰と陽でみる食べ物についてお話します。

 

 

 

冷えのある方に問診をしていると

 

 

体を温めたり冷えないように対策しているのに

 

 

全然良くならないと

 

おっしゃいます。

 

 

 

しかし

 

 

 

体を作るのは食べ物です

 

 

 

陰の性質をもつ食べ物を

 

取りすぎている可能性があります(;_;)

 

 

 

前回お話したように

 

 

女性は陰に属します。

 

 

もともと陰の性質を持つ女性が陰性の食べ物を摂りすぎると

 

 

 

 

陰が過多になり

 

 

冷え、むくみ、生理痛、便秘

 

が起きやすくなります(´・_・`)

 

 

 

 

 

男性は陽に属するので

 

陽性の食べ物が過多になると

 

陽が過多になり

 

 

暑がったり、汗かきになったり、中心性の肥満になりやすくなります。

 

 

 

 

 

何が陰の食べ物で

 

何が陽の食べ物なのか

 

 

簡単に言うと

 

 

夏にとれる、南の暖かいところでとれる野菜や穀物は

 

体を冷やす性質があります。

 

暑いところで育つ植物は

 

暑さ(陽)に負けないように(陰)をたっぷり持っています。

 

なのでそれを摂る事で(陰)を補ってくれる食べ物が多いです。

 

 

逆に

 

 

 

冬に取れる野菜(特に根菜類)は

 

体を温めてくれます。

 

 

 

寒さ、冷えに負けないように(陽)を蓄えている野菜が多いので

 

その食材を摂る事で(陽)を補ってくれます。

 

 

 

その他にも

 

 

陰と陽に分けられる食べ物、食材はたくさんあります。

 

 

 

次回は、もっと詳しく陰陽に分けた食材についてお話します!!

 

 

 

 


私たちは治療において    
   “心” “技” “体”
  この3つの柱を大切にし施術を行います。

 身体の痛みを原因から治療し、
 痛みの再発予防に取り組み、
 心身ともに元氣になっていただきます。

  あなたの人生がより良くなるために、
 痛みや不安を本当の意味でなくすために
 再発予防・疲労回復・アンチエイジングに
 力を入れ全力でサポートしていきます。

  以上を大事なお約束として
 全力で治療にあたらせていただきます。

                      ひなた接骨院
 
 
万が一交通事故にあってしまった場合はこちらから
==================================
ひなた接骨院
〒920-0342
石川県金沢市畝田西3丁目187番地
  TEL:076-225-7705

⇒ひなた接骨院のホームページはこちら

⇒カラダのゆがみをとりキレイになりたい方へ

⇒ひなた接骨院のFacebookはこちら

src="http://biz.line.naver.jp/line_business/img/btn/addfriends_ja.png" /> LINEから予約の問い合わせや相談ができます。 友だち追加数